接骨院・整骨院健康コラム

【第15回】ケガについて

傷・創の違いは?

強い外力によって患部が怪我をすることを損傷と言いますが、その際、皮膚が切れていない損傷を「傷」といい、皮膚が切れて傷口のある損傷を「創」と言います。

接骨院で診てもらうのはこの「傷」になります。「創」は傷口があるため細菌感染の恐れがあるため抗生物質が出せる整形外科か外科に診てもらわなければなりません。

接骨院で施術可能な種類は?

接骨院で施術可能な種類は?

さて接骨院では外傷いわゆる傷口のないケガを診てもらいますが、主に骨折、捻挫、脱臼、肉離れ、打撲になります。

骨折と脱臼はお医者さんの同意がないと継続した施術が出来ませんが、捻挫、肉離れ、打撲は接骨院単独で施術が可能となります。

ケガをした場合はまずどんな応急処置をすべきか?

ケガをした場合はまずどんな応急処置をすべきか?

患部をまずは安静(REST)にし、すぐに冷やし(ICE)、圧迫(COMPRESSION)し、心臓より高い位置に持ち上げます(ELEVATION)。

つまり、それぞれの頭文字を取ってRICEという応急処置をします。

患部の安静は説明するまでもないと思いますが、冷却は炎症範囲を広げないために行います。圧迫は出血範囲を広げない為、挙上は患部に血液が集まらないようして腫れを大きくしないようにするために行います。覚えやすいので是非記憶しておいてほしいです。

第14回:ジャンパー膝について 第16回:こむら返りについて

健康コラム一覧に戻る

共和堂水戸接骨院・整骨院

  • お気軽にお電話・お問い合わせください。TEL029-300-7556
  • 診療案内を見る
  • 交通アクセスを見る
交通事故治療
  • 採用情報
  • 接骨院コラム